2020年 8月 12日 (水)

「だまし討ち」東海大・菅野 ネットでは日ハム指名評価の声

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   プロ野球巨人・原辰徳監督の甥で、日本ハムからドラフト1位指名を受けた東海大・菅野智之投手の入団交渉が難航している。

   祖父で東海大野球部顧問の原貢氏は、日本ハムが東海大への事前通知なしで指名したことについて、「人の道に外れている」「だまし討ち」「人権蹂躙」とまで批判している。

「勇気がある」「これがプロの世界と示した」

   親族の発言で大きく盛り上がっているこの問題だが、ヤフーニュースが実施している「日本ハムの菅野1位指名をどう思う?」という意識調査では、2011年10月30日14時現在、「評価する」が約20万2000票(68%)で、「評価しない」の約8万1000票(27%)を大きく上回っている。

   日本ハムの「強行指名」について、「ドラフトのルール上まったく問題ない」、楽天の星野仙一監督の意見と同じように「勇気がある」「これがプロの世界と示した」と評価する声が多いようだ。

   2ちゃんねるやツイッターなどのネットユーザーの間でも、「これこそドラフトだ」「どこが人権蹂躙なんだ」「親族がとやかく口だすな」といった意見は多い。菅野選手の進路については、「指名されたなら行くべき」「1年浪人してもろくなことない」などの声が上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中