2018年 7月 23日 (月)

政府、ベトナムへの原発輸出の継続確認

印刷

   野田佳彦首相は、日本を訪れているベトナムのズン首相を2011年10月31日夜、首相官邸に招いて会談し、日本の原子力発電所のベトナムへの輸出について、東京電力福島第一原子力発電所の事故の前に合意した両国の決定に基づいて、引き続き進めていくことを確認した。

   昨年10月に合意した日本からの原子炉2基の輸出について、福島原発の事故の教訓を踏まえて、より安全性を高めることを約束。共同文書には、日本の事業者がベトナムでの原発建設を担うことを明記した。

   またベトナムでのレアアースの鉱山開発については、早期の生産開始に向けて、採掘から技術開発まで幅広く共同開発を進めることで合意。さらに現在、インドネシアとフィリピンの2か国に限定している、外国人の看護師や介護福祉士の受け入れについて、来年度からベトナムも加えることになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中