2020年 11月 25日 (水)

「AKB48」VS「初音ミク」 オタク同士の戦争勃発か

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   アイドルグループ「AKB48」オタクと、歌うバーチャルアイドル「初音ミク」オタクの「戦争」勃発か、とネットで騒ぎになっている。きっかけは週刊マンガ雑誌「少年マガジン」に連載中の「AKB49―恋愛禁止条例-」だ。

   「AKB48」を持ち上げるため、ミクやミクのファンをバカにしているとしか思えない表現や内容がある、というのだ。

「毎日一人で『初音ミク』って、そんなに楽しい?」

   マンガ「AKB49」は、男子高校生がひょんなことから「AKB48」のオーディションに合格し、研究生となりメジャーデビューを目指すという物語。2010年夏から連載がスタートし、「AKB48」メンバー全員が実名で登場、プロデューサーの秋元康氏も制作に参加しているほか、実名でも登場している。

   問題となっているのは「週刊少年マガジン」11年11月16日号。主人公で男子高校生の浦川みのりが「AKB48」から派生した3人組「GEKOKU嬢」でメジャーデビューが決まり秋元氏が楽曲を用意した。しかし、浦川と、マネージャーは曲が良くないとして歌うのを拒否。マネージャーが別の作曲家を推薦するのだが、5年も自宅に引き籠もっている男子中学生で、初音ミクおたくだった。

   中学生は、曲を動画投稿サイト「ユーチューブ」にアップしていて、それが1週間で50万視聴という人気を博していた。浦川とその仲間は中学生の自宅に行き作曲を依頼。しかし「メジャーに興味はない」とけんもほろろに断られる。

   引き籠もってからずっと音楽ソフト(ボーカロイド)の初音ミクと共にいた息子。母親は、

「初音ミクだけが遊び相手なんだと思います」

と説明。諦めきれずに、中学生の部屋で一緒に晩ご飯を食べる。ところが、中学生の食事の仕方が、まるで犬やネコのように描かれていた。

   パソコンのモニターに触れようとすると、

「ミクに触るな!!」

と怒鳴られる。浦川は中学生に、

「5年間毎日一人で『初音ミク』って、そんなに楽しい?」

と問いかけ、仲間になってCDを出そうと呼び掛ける。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中