2020年 8月 11日 (火)

ドワンゴ会長「ネットは屑ばっかり」 子会社運営のニコ生はどうなんだの声 

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   ニコニコ生放送などを子会社が運営するドワンゴの川上量生会長(43)が、「ネットは屑ばっかりだな」とツイッターで発言して話題になっている。ニコ生ユーザーが数々の騒動を起こしただけに、何か含みがある発言なのか。

   川上量生会長の発言は、もともと次のような文脈からだった。

「屑が目立てるシステムだというのが問題」

自分たちのところを言ってるのか
自分たちのところを言ってるのか

   同じドワンゴの夏野剛取締役(46)がツイッターで2011年11月15日、「たいした負担していないのに声高に税負担重いと叫んでいる人たちは、一度税率50%の理不尽さを味わうべき。本当にヤル気なくなる」とつぶやいた。これは、日本の税金が高所得者に重すぎるということが言いたかったらしい。

   ところが、ある2ちゃんねるのまとめブログがこの日、夏野氏の発言を「日本の低所得者の税負担は軽すぎる。一度税率50%の理不尽さを味わうべき」と見出しにして紹介した。これに対し、夏野氏は「ヒドイ。そんなこと言ってないのに」と反論し、同僚の川上氏も、ネットユーザーはマスコミを偏向報道と批判しながらも、事実をねじ曲げて炎上させていると加勢した。

   さらに、ツイッターで「夏野ならいいかねません」と反論されると、川上氏は「バカじゃねーの?ソースは見たの?」と逆上した。そのうえで、前述の「ネットは屑ばっかり」発言をし、「正確には目立ちたがりの屑が目立てるシステムだというのが問題」だと指摘したのだ。

   この発言が出ると、2ちゃんでは、「それを作ってるのはお前の会社だろ(笑)」「そういう屑から金を巻き上げるシステム」「じゃどうにかしろks」といった声が相次いだ。別の2ちゃんまとめブログでは、そんな声を紹介して、「ドワンゴ会長がニコニコ生放送を痛烈に批判」とさえ見出しに立てている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中