2018年 7月 18日 (水)

平松氏が討論番組「ドタキャン」 司会人選を問題視

印刷

   毎日放送(MBS)は2011年11月23日、24日19時から2時間にわたって放送を予定していた大阪市長選候補による討論番組「激突! 選挙直前スペシャル『どうなる大阪の運命』」の放送を中止すると発表した。当初は、平松邦夫候補と橋下徹候補の双方が出演に合意していたが、平松氏の陣営が22日に出演辞退を申し入れた。平松陣営では、司会の田原総一朗氏が、過去に橋下氏寄りの発言をしたことを問題視している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中