2018年 7月 19日 (木)

年金支給額の減額検討 物価下落を反映へ

印刷

   物価下落を反映せず本来よりも多く年金が支払われている現行の特例について、小宮山洋子・厚生労働相は本来水準への段階的引き下げを検討する考えを示した。2011年11月23日にあった政府の行政刷新会議で述べたもので、現在の受給者が本来より2.5%多い年金をもらっている状態を解消する必要性を指摘した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中