2021年 1月 24日 (日)

「賛成」巨人が一転、態度保留? 「DeNAプロ野球参入」とお家騒動の関係

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「楽天以外の反対はない」(渡辺恒雄・巨人会長)とみられていたDeNA(ディー・エヌ・エー)社のプロ野球参入問題で、ちょっとした「異変」が起きた。

   賛成だった「巨人」が「態度保留」に転じ、オーナー会議での参入承認(4分の3以上)への影響が注目されるとの報道も出てきたのだ。DeNAが訴訟を起こされたことや巨人の「お家騒動」の影響では、との指摘もある。

白石・巨人新オーナー会見の真意とは

どうなる「参入」問題
どうなる「参入」問題

   「賛成派・巨人が一転の態度保留」と伝えたのは、11月24日付のスポーツニッポンだ。

   23日にあった巨人の白石興二郎・新オーナーの就任会見で、「参入問題」について白石氏が「状況を分析して…」と述べるに留まり、「軌道修正ともとれる姿勢を打ち出した」という。

   巨人では、ナベツネこと渡辺会長が「大賛成だよ」「(反対する球団は)楽天以外にないよ」(11月9日)と述べるなど、賛成派のはずだった。前オーナーの桃井恒和・球団社長もナベツネ氏と歩調を合わせる姿勢を示していた。

   スポニチ記事では、「巨人が方針転換となれば状況一変」とし、12月1日に予定されているオーナー会議での参入承認問題への影響を指摘した。

   もっとも、日刊スポーツやサンケイスポーツなどは、同じ白石氏会見を取り上げる記事で「巨人の方針転換」について触れておらず、スポニチが深読みをしている形にもみえる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中