2021年 4月 15日 (木)

ロンブー淳が「紅白歌合戦」批判 「日本の歌手だけでやって欲しい」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   韓流グループが大挙出場することになったNHKの紅白歌合戦について、お笑いコンビ、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが批判的なコメントをし、ネットで話題となっている。

   出場歌手が発表された2011年11月30日、ツイッターで淳さんが「(紅白に自分も)出たいけど…ヒット曲無いので出れないです…でも、紅白歌合戦だけは、日本の歌手の方だけでやって欲しいよね…他の歌番組と違うもんね…」と投稿した。

「淳にしては珍しく正論言ってるじゃん」

   2011年の紅白には、少女時代やKARA、東方神起の3組の韓流グループが出場する。淳さんはフォロワーの「今年は特別な年だからこそ特に日本の歌手だけでやって欲しかった」という呟きにも「険しく共感」と投稿している。

   2ちゃんねるでは、今回の紅白に韓流グループが複数出場することについて「韓国の国策アイドルが出るならみない」といった声が挙がっていたが、淳さんのこのツイートも同様の韓流批判と受けとられ、

「淳にしては珍しく正論言ってるじゃん」
「国民の誰もが思ってますよ」

という書き込みが寄せられた。

   一方で、韓流を強く推すフジテレビが批判された際、淳さんは「君の家…TVのチャンネル1個しかないの?」などと局側を擁護するコメントをしていた。そのため、「淳のスタンスがよくわからん」「風見鶏なのか」というものもある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中