JALのボーイング787、初号機引き渡しは12年2月

印刷

   日本航空(JAL)の大西賢社長は2011年12月8日の定例会見で、次世代旅客機のボーイング787型機が12年2月中にボーイング社から引き渡される見通しを明らかにした。すでに発表されている成田--ボストン線に加えて、12年春から787を成田-デリー、成田-モスクワ、羽田-北京の3路線に就航させることも新たに発表した。羽田-北京線は、全日空(ANA)も787を投入している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中