参院へのサイバー攻撃、発端は中国からのメール

印刷

   参議院は2011年12月8日、8月に行われたサイバー攻撃に関する中間報告をまとめ、送りつけられたウイルス付きのメールの一部は中国が発信元だとみられることを明らかにした。8月5日に、複数の議員宛に添付ファイル付きのメールが届き、それを開いたことが原因でウイルスに感染。このPCを経由して全議員のID・パスワードを管理するサーバーも感染し、8月22日には、ネットワークに接続されている他のPC25台にも感染が広がった。その結果、PC内のファイルが流出した可能性もある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中