2019年 8月 21日 (水)

大学入試に「ネット割引」広がる 「本来7万円が2万5000円」の例も

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   少子化の影響で大学間の生き残り競争が激化する中、大学入試へのインターネット割引の導入がじわりと広がりを見せつつある。少しでも多くの受験生に入試を受けてもらおうと各大学が知恵を絞っている。

   名古屋外国語大学(愛知県)は、2012年1月6日からネット出願の受付を始める。ネット出願受付は数年前から始めていたが、今回は初めてネット割引(ネット出願パッケージ割引)を導入する。

名古屋学芸大学も12年実施試験から導入

大学入試のシーズンが近付いてきた。
大学入試のシーズンが近付いてきた。

   名古屋外国語大学の事務局によると、「センター試験の得点を活用する方式」などをまとめて出願すると、郵送出願なら計5万円かかるところが1万5000円安くなる。

   景気低迷が続く中、受験生側の負担軽減を図る狙いに加え、ネット受付による事務処理簡素化分の還元、という側面もあるという。特に数値目標は設定していないが、勿論、受験者数のアップも期待している。

   中京大学(同)は、2011年に実施した入試からネット割引を導入済みだ。中京大サイトによると、全出願者のうち、ネット割引利用者が約90%に上った。割引の方式はさまざまあり、「1回受験で5000円引き」や、3受験方式の合計で「本来なら7万円のところが2万5000円になる」などの割引例が示されている。

   ネット割引はほかに、帝京大学(本部・東京)が「2、3年前から実施(一部学部・学科は除く)」しており、名古屋学芸大学(愛知県)が12年実施試験から導入する。

   リクルート進学総研の小林浩所長によると、大学一般入試のネット出願受付は、ここ数年で「少なくとも十数校」で始まっている。そのうち、「ネット割引」を行っている大学の数ははっきりしないものの、まだそう多くはなさそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中