高知のカツオからセシウム 2.17ベクレルとごく微量

印刷

   土佐湾沖で獲れたカツオから1キログラム当たり2.17ベクレルの放射性セシウムが検出されたと、高知県が2011年12月15日に明らかにした。

   戻りカツオから検出されており、原発事故の影響とみられている。規制値は500ベクレルのため、健康への影響はないという。高知のカツオから放射性物質が検出されるのは初めて。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中