2021年 9月 21日 (火)

「議論ばかりで何も決めない民主主義」 橋下氏持論の行きつく先は「公選制で首相」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「首相公選制が導入されれば、橋下(徹・次期大阪市長)さんは自分で(首相候補として)出てくるように聞こえましたね」。テレビ出演した橋下氏の話を聞いたコメンテーターは、感想交じりにこう「予言」してみせた。

   2011年12月16日朝、橋下・次期大阪市長は、情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」(TBS系)に中継で生出演した。19日に就任する大阪市長としての改革への意欲を強調しながらも、国政レベルの改革の必要性も熱く語った。

「ぼくは市長で精一杯」

橋下氏は19日に大阪市長に就任する。
橋下氏は19日に大阪市長に就任する。

   「橋下氏自身は国政へ進出するのか」。司会のみのもんた氏らが、波状的に質問した。

   橋下氏は「ぼくは市長で精一杯」「いちローカルのトップなだけです」と何度も「謙遜」してみせ、市政改革に取り組む姿勢を強調した。CMをはさみ31分間の出演中に「市長ですし…」などと7回も「市長」を強調し、自身の国政進出をときに否定し、ときにはぐらかした。

   それでも、橋下氏の口からは大阪市・府を超える国政レベルの改革への「熱意」がにじみ出た、と周囲に感じさせたようだ。

   スタジオのコメンテーター、与良正男・毎日新聞論説委員は、橋下氏の話をひとしきり聞いた後、「首相公選制が導入されれば、橋下さん、自分で出てくるように聞こえましたね、私は」と、橋下氏の「国政への熱意」を指摘した。

   「いや、とんでもないですよ」。橋下氏は右手を顔の前で何度も振って否定した。「笑っているような、いないような」表情だった。

   みの氏も「『市長ですから』という割には、はっきり(国の改革について)おっしゃるじゃないですか」「やっぱり国政に相当影響を出したいと…」と複数回、指摘した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中