2019年 9月 15日 (日)

朝日新聞の「アサヒコム」偽サイトが登場 「韓国へ慰安婦像7体を寄贈」で356万ヒット

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

朝日新聞は「必要な対応を検討」と回答

   「newsasahicom」と名乗るこの人物は、18日深夜に

「いたずら終了しますー。ご迷惑おかけしました」

と自身の「ツイッター」上で謝罪し該当のサイトを削除した。朝日新聞の「ツイッター」にも謝罪文を送ったと書いている。

   この人物の説明によれば、掲示板「2ちゃんねる」に話題を提供して「遊ぶ」つもりでサイトを作ったところ、予想を遥に上回る速度で情報が拡散。サイトを開設してから約5時間で5万人が訪れ10万回閲覧され、この話題をグーグルで検索すると約 356万件ヒットするまでになってしまったという。

   この人物は「ツイッター」のフォロアーから、偽サイトを作れば著作権法違反で逮捕される、と指摘されると

「過去は変えられませんので、必要とあらば期待にみちた未来を差し出す気持ちでございます」

と観念している様子だった。

   朝日新聞はJ-CASTニュースに対し、今回の偽サイト事件について

「事実関係を現在調査しており、必要な対応を検討します」

と回答している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中