将棋連盟会長が将棋ソフトに敗れる

印刷

   日本将棋連盟の米長邦雄会長(68)とコンピューターの将棋ソフト「ボンクラーズ」の対局が2011年12月21日にインターネット上で行われ、ボンクラーズが勝利した。

   米長会長は永世棋聖の称号を保持し、2005年から日本将棋連盟会長を務める。米長会長は22日のツイッターで「昨日はコンピュータにこっぴどく負けました。余りにもひどい」と、対局を振り返っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中