JR東日本 首都圏での「オレンジカード」販売終了へ

印刷

   JR東日本は2011年12月20日、首都圏の主な駅での「オレンジカード」の販売は 2012年3月31日をもって終了すると発表した。

   12来4月からは「オレンジカード」は、青森、秋田、岩手、宮城、山形、福島、新潟、長野の各県の主要駅計24か所でのみで販売。現在所有している「オレンジカード」については駅の券売機等で来年4月以降も利用できる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中