2019年 8月 24日 (土)

「個人輸入」これがお得! ネット上で盛んに情報交換

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   超円高ユーロ安から、「個人輸入」で海外の高級ブランド品が安く買えると、ネット上で情報交換が盛んになっている。しかし、ニセモノはなお多く、買い方を絞る必要があるというのだ。

   「家具とか趣好品 釣り道具 スポーツ用品安すぎワロタンゴwwwwww」「自転車も海外のすげー安いわ」…

「ジョン・ロブ」の革靴が半額以下

ネットで次々書き込み
ネットで次々書き込み

   これらは、2ちゃんねるで書き込まれている情報の数々だ。「個人輸入の安さは異常」として、書き込みを紹介するまとめブログさえ現れた。

   そこでは、8万2000円もする高級釣り具が、輸入代行なら4万8000円、さらに個人輸入をすれば1万6000円で買えるといったケースが書き込まれている。本当かどうか分からない情報ばかりだが、ブランド品などは実際どれだけ安く買えるのだろうか。

   輸入コンサルタントでブロガーの掘英郎さんは、例えば、高級ブランドの革靴が個人輸入なら半額以下で買えるケースがあると明かす。

「イギリスの有名ブランド『ジョン・ロブ』の靴は、日本の正規輸入代理店を通じて買えば、20、30万円ぐらいもします。それが、サイズが分かっていれば、個人輸入なら10万円前後で買えるわけです。革靴の場合は関税が30%と高く、最低でも4300円かかるので、高価な靴ほどお買い得になります」

   ファッションなら、日本で品薄になっている仏ブランド「モンクレール」の人気ダウンなども狙い目だという。高級釣り具も日本であまり売ってないブランドなら、安く買える場合があるとしている。

   ただ、ファッション関係はニセモノが多く、買うなら、海外デパートの公式サイトから買うべきだと説く。

   「アメリカのデパート『ノードストローム』などの例が挙げられます。英語でやらないといけませんが、ヤフーやグーグルの無料翻訳を使えば日本語でもできます。その場合、全文を一気に訳すと正確さに欠けるので、一文ずつ訳す方がいいと思います」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中