トヨタの敵はトヨタだった アクアから始まる販売会社再編

印刷

   トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「アクア」の販売は出足から絶好調だが、これがトヨタの販売会社存続に大きく影響するとみられている。

   アクアは2011年12月26日、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店の全4販売系列から発売された。

プリウスもアクアも、併売車販売は系列を超えた実力試験

   平均月間販売目標は1万2千台だが、すでに発売前の事前受注で6万台を獲得。トヨタは発売後1年間の平均月販台数を1万5千台程度と見込む。好調にスタートしたアクアの販売だが、全系列併売車種であることが、トヨタブランド全国4800店の激しい生存競争を生み出した。

   トヨタは2009年5月、3代目「プリウス」の販売をトヨタ店とトヨペット店の併売から、トヨタカローラ店とネッツ店を加えた4系列併売へと移行させた。量販車のトヨタブランド全系列併売は初めてで、その後2011年5月発売の「プリウスアルファ」も4系列併売となった。

   3代目プリウスの販売は好調なスタートを切り、旧型プリウスの保有母体を持つトヨタ店とトヨペット店は高い販売水準を維持し続けた。

   一方、新たに加わったトヨタカローラ店とネッツ店の販売は徐々に失速した。またプリウスアルファの販売では東日本大震災後の生産遅れの中で、納期が見えなくとも受注をしっかり取った販社・販売拠点と受注獲得に消極的な販社・販売拠点に分かれた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中