北朝鮮の漂流者3人、帰国へ

印刷

   島根県隠岐の島町沖の日本海で北朝鮮から漂着したとみられる小型木造船について第8管区海上保安本部は2012年1月9日、巡視船に保護していた乗組員の男性3人を、ヘリコプターで美保基地(鳥取県境港市)に移送した。同基地で小型機に乗り換え、福岡空港から中国を経由して、北朝鮮に送還する見通し。

   小型木造船は6日に発見され、3人は鳥取県美保湾に停泊した巡視船で事情聴取を受けていた。3人は「漁をしていて、船のエンジンが故障して漂流した」と説明。脱北者ではなく、北朝鮮への帰国の意思を示したことから、政府が対応を協議していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中