「三流のJ-POPに言われる筋合いない」 マツコの韓流批判に韓国ネット反発

印刷

   コラムニストのマツコ・デラックスさんがテレビ番組の中でK-POPを批判したことが韓国のネットで物議を醸している。

   発言のあったのは2012年1月5日にフジテレビで放送されたバラエティ「なかよしテレビ」でのこと。

「チョッパリの言うことを気に留める必要ない」

   日中韓などの著名人が互いの国について語り合うという企画で、「日本の芸能界は草野球、韓国の芸能界はプロ野球」と発言した在日韓国人男性に対し、マツコさんが「K-POPはアメリカのぱくりにしか見えない」「これだけ懐の深い国がどこにあるんだよ、ほかに。出てけ!嫌だったら出てけ!受け入れてやってんだよ、こっちは!」と噛みついた。

   2ちゃんねるには「マツコ、よくぞ言ってくれた!」といった書き込みが寄せられていたが、これが韓国でも話題になっている。

   韓国ネットメディアの一つは「140キロの巨体の女装男『K-POPはパクリ』」という見出しで報道。J-CASTニュースの記事「日本が嫌だったら出ていけ マツコがK-POPに怒りの批判」(1月6日掲載)が配信先のヤフーニュースのアクセスランキングで1位となったことを紹介した。

   韓国のネットユーザーからはこうした記事に対し「チョッパリ(日本人の蔑称)の言うことを気に留める必要はない」「マツコ・デラックスか、笑わせてくれる名前だな。三流ゴミのJ-POP!日本文化なんかなくなってしまえ!」「アメリカのパクリと言うが、日本人にそんなことが言えるのか」と反発の声が挙がった。

「在日韓国人含め、脚本ありのコメディでしょ?」

   一方2ちゃんねるでは当初から、「韓流を推すフジテレビが批判をかわす目的で台本を仕込んだ」という憶測が飛び交っていた。韓国でもそうした見方をする人がいるようで、「マツコ・デラックスが共演者を一喝するのはそういうキャラだから。在日韓国人も含め、あの場面は100%脚本のコメディでしょ?」「マツコは日本では毒舌家で有名だからな」といった冷静な書き込みが寄せられていた。

   他に「現在K-POPが世界的なムーブメントとなっているのは事実だが、日本の芸能界と音楽水準が韓国より低いというのは錯覚だ」というコメントもある。番組では在日韓国人が「米ビルボードにはK-POPのチャートがある。J-POPはそこまで行っていない」と主張していたが、これについても「大きな間違い。J-POPチャートはK-POPチャートよりも先にあった」という指摘が出ていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中