2019年 11月 12日 (火)

サイバーエージェント、子会社社長は「新卒内定者」 アプリ開発して抜てき

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   サイバーエージェントがこのほど設立したスマートフォン向けアプリ開発の子会社「シロク」の社長に、2012年4月に入社予定の大卒内定者を抜てきした。

   社長になった飯塚勇太氏ら4人の取締役は学生時代に共同で、写真共有サービスを提供するアプリ「My365」を開発。この事業をサイバーエージェントが譲り受け、法人化した。

インターンシップ通じて知り合い

「新卒内定者」の飯塚社長が就任(写真は、シロクのホームページ)
「新卒内定者」の飯塚社長が就任(写真は、シロクのホームページ)

   サイバーエージェントは「シロク」を、資本金5000万円で2011年12月1日に設立。iPhoneのカメラで撮影した写真をソーシャルネットワークサービス(SNS)上に載せられる、写真共有サービスのアプリ「My365」のサービスの運営を、12年1月20日から開始する。

   この新会社の社長に就任したのが飯塚勇太氏、21歳。現在はまだ慶応大学の4年生だ。「My365」の開発者の一人とはいえ、入社前の新卒内定者が社長に就任したのは、新規事業の経営に若手社員を抜てきしてきたサイバーエージェントといえども初めてのことだ。

   「My365」は、11年10月にサービスの提供を開始した。「なにげない毎日は、振り返ると素敵な思い出でした」というコンセプトのもと、1日1枚、自身にとって印象的な瞬間を写真に収めてアップロードし、カレンダーとして残すというサービス内容が受けて、クチコミで広がりダウンロード数を伸ばしている。

   日本のみならず、タイや香港などでも人気で、アクセスの約3割がアジアを中心とした海外ユーザー。これまでのダウンロードは約30万回にのぼるという。

   スマートフォンの普及で人気が高まっている写真共有サービスは、最近では大手SNSのGREEが女性向け写真共有サービス「Snapeee」(マインドバレット社)と提携するなど、注目の分野でもある。

   サイバーエージェントによると、飯塚氏らインターンシップで知り合った学生が中心となってつくったアプリが「My365」で、「(アプリが)非常にユニークだったため、法人化して任せてみることにしました」と話す。

   とはいえ、飯塚氏らは他の内定者と同様に、きちんと採用試験を突破して内定をもらっていた。ちなみに、12年春にサイバーエージェントに入社する新入社員は約210人の予定だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中