2020年 7月 3日 (金)

内閣改造で野田首相「脱小沢」 小沢グループ閣僚はゼロ?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   野田佳彦首相が内閣改造に踏み切る。「脱小沢派の急先鋒」とされる岡田克也・前幹事長への副総理就任打診などの動きが出ており、前回の組閣ではテーマだった「党内融和」が吹き飛び兼ねない様相を見せ始めている。

   問責決議を受けた2閣僚の交代は確実で、この2人とも小沢一郎・元代表グループだ。後任人事を含め今回は、「小沢グループから閣僚は起用しない方向で調整を始めた」(TBS系ニュース)との動きが出ており、「野田どじょう内閣」が「ノーサイド」宣言したはずの「小沢派VS脱小沢派」の対決再燃の可能性が高まっている。

事実上更迭の2閣僚ともに小沢グループ

野田首相はどんな内閣改造を行うのか。
野田首相はどんな内閣改造を行うのか。

   内閣改造は、2012年1月13日に行われる見通しだ。この時期に実施する理由については、「消費税増税へ向けた態勢固め」「野党から反発を受けている問責2閣僚の更迭をオブラートに包むため」といった指摘が出ている。1月後半には通常国会が召集される。

   問責2閣僚は、「沖縄米軍基地問題を巡る不適切発言」の一川保夫・防衛相と、「マルチ業界からの献金問題」を抱える山岡賢次・消費者担当相の2人だ。ともに小沢グループで、2人が抜ければ小沢グループの閣僚はゼロとなる。

   ほかに交代の可能性が指摘されているのは、脱税事件で逮捕歴がある男性との交流が問題視されている蓮舫・行政刷新担当相や、詐欺罪で有罪判決を受けた男性を秘書官に起用していた平岡秀夫法相らだ。

   また、岡田前幹事長の副総理としての入閣が検討されているほか、党役員人事でも平野博文・国対委員長らが交代する可能性がある。岡田氏は、脱小沢派の筆頭格で、消費税増税が持論でもある。周囲には今回の入閣に消極的な考えを示しているとも伝えられている。

   改造内閣の後任候補には、様々な名前が挙がっているが、「小沢グループからの起用」説は伝わってこない。「小沢グループには当選回数が少ない若手が多いため、大臣適齢期の議員を探すのが難しい」といった「建前論」も流れている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中