2019年 5月 22日 (水)

金正男氏の「世襲批判」をスクープ 東京新聞「特ダネ」記者の仕事ぶり

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   北朝鮮の故金正日(ジョンイル)総書記の長男、正男(ジョンナム)氏(40)から届いた「世襲批判」メール内容を東京新聞が特報した。中央日報などの韓国メディアも「東京新聞が報じた」として記事を追いかけている。

   東京新聞は、1年前にも正男氏の単独インタビューをものにしたことがある。なぜ「特ダネ」を連発することができるのだろうか。

1年前には単独インタビューも

金正日総書記の葬列(2011年12月放送の朝鮮中央テレビより)。
金正日総書記の葬列(2011年12月放送の朝鮮中央テレビより)。

   東京新聞は2012年1月12日、正男氏から同紙記者に届いたメール内容を報じた。3日付のメールでは「正常な思考を持っているなら、三代世襲を容認するのは難しい」などと書いてあった。

   2011年12月に正日総書記の死去が伝えられて以降、「正男氏は(略)姿が確認されていない」(12年1月10日、朝日新聞ネット版)状態だった。

   総書記の後継指導者には、3男の正恩(ジョンウン)氏が就いており、インターネット上では、権力闘争の可能性を指摘して正男氏の安否を気遣う声も出ていた。

   正男氏から年明けにメールを受け取ったのは、東京新聞編集委員の五味洋治氏だ。11年1月末に掲載した正男氏との中国での単独インタビューを実現したのも五味氏だ。

   五味氏は、韓国への語学留学やソウル、北京での勤務経験がある「朝鮮半島が専門」のベテラン記者だ。「コリア問題の専門サイト」現代コリアでの連載も担当している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中