2019年 1月 22日 (火)

「もうすぐ船が島のすぐ近くを通る」 フェイスブックで「暴露」された事故原因

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   イタリアの豪華客船「コスタ・コンコルディア」の座礁事故は、徐々に原因が明らかになってきた。船長が、本来の航路から外れてジリオ島に極端に船を近づけたために岩礁に乗り上げた可能性を指摘されている。

   島に接近した理由は、船長が「島民に挨拶する」ためだったと伝えられた。SNS「フェイスブック」には、乗務員の男性の妹が事故の30分前に「もうすぐ船がジリオ島に近づいてくる」と書き込んでいたようだ。

船長が給仕長を呼び「島のそばに来たよ」

事故を伝える「レプブリカ」紙
事故を伝える「レプブリカ」紙

   イタリアの主要紙「スタンパ」(電子版)は2012年1月16日、「大惨事の前、フェイスブックに『コンコルディアが近くを通る』との投稿」と題した記事を配信した。数人の目撃者証言として、この客船の食堂の給仕長を務める男性が、座礁の「原因」が自分にあると知ってショックを受けていると報じた。

   男性はジリオ島の出身。記事によると船長は、島に住む彼の家族への「挨拶」として沿岸に接近するうちに、岩礁に乗り上げたのだという。その「証拠」として挙げられたのが、給仕長の妹がフェイスブックに投稿した内容だ。書き込んだ日時は1月13日の21時8分で、

「間もなく、コスタ・コンコルディアがとても近くを通過する」

と綴っていた。続けて、「(寄港地の)サボナへ向かう私の兄に挨拶しなきゃ」とある。彼女のプロフィルには、住所がジリオ島となっている。

   船が座礁したのはこの投稿の直後、現地時間13日の21時30分ごろとみられる。この女性は現在、限られた人以外にはフェイスブックの内容を非開示にする措置をとっており、その後何か更新したかは不明だ。一方、給仕長とその妹の父親はスタンパ紙に、「客船は毎週航行しているが、息子が島に船を近づけるように(船長に)頼んだことは、今回を含めて1度もない」とコメントしている。島への接近は、フランチェスコ・スケッティーノ船長の独断だったというのだ。

   別のイタリア紙「レプブリカ」(電子版)は、ジリオ島に近づいた際に船長が給仕長を呼び、

「こっちに来て見てごらん。君の島だ。ジリオ島のそばに来たよ」

と声をかけたという目撃談を伝えている。加えてスケッティーノ船長は、以前船長を務めていたジリオ島在住の男性にも「挨拶」するため、汽笛や照明を使って知らせようとしていたという。当の元船長は記事内で「自分は知らない」と話しているが、これらが事実であればスケッティーノ船長が「私用」で航路を勝手に変更した結果、重大な事故につながったことになる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中