2020年 7月 4日 (土)

映画、ドラマ不振続きで自信喪失 前田敦子「いまは主役無理」

印刷
ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   「国民的アイドル」だというAKB48の前田敦子さん(20)に異変が起きている。これまでグループの「絶対的エース」としてAKBでの活動以外にも映画やドラマと活動の幅を広げていたが、すっかり自信を失っているようなのだ。

   前田さんは2012年1月から、ドラマ「最高の人生の終り方 エンディングプランナー」(TBS系)に出演。山下智久さん演じる主人公の妹という役どころだ。

「私より凄い方って、いくらでもいるじゃないですか」

前田さんに今度は同情の声も出ている。(写真は2011年8月撮影)
前田さんに今度は同情の声も出ている。(写真は2011年8月撮影)

   そんな中、1月31日に掲載されたスポニチの前田さんインタビュー記事が話題となっている。

   インタビュアーから、今の前田さんなら自分が主役のドラマにも出られるのに、なぜ「エンディングプランナー」に出演することにしたのか、と聞かれ「今はこういうのを凄くやりたかったですね」と回答。女優という仕事は「全く未知数」とし「何の自信も持てないので、今は主役は無理だと思います」と語っている。

   さらに、インタビュアーが「あれだけ映画やドラマで主役をやってきたのに!?」と驚くと「本当ですね…(笑い)。でも、私より凄い方って、いくらでもいるじゃないですか。そういう中で、皆さんを見て、もっと成長していきたいと思います」と話したという。今をときめく人気アイドルグループのセンターなのに、なんとも謙虚だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中