橋下市長、河村名古屋市長に苦言「減税の意見表明はナンセンス」

印刷

   「大阪維新の会」代表の橋下徹大阪市長が2012年2月2日、ツイッターで「減税日本」代表の河村たかし名古屋市長に「今の段階で増税か減税かを政治家が意見表明するのはナンセンスだと思います」と苦言を呈した。

   税制について、政治家はどのような社会システムを作るのかを固めてから減税か、増税か、増税といっても消費税なのかどうなのかというのを最後に決めるべきだという持論を展開し、「だから河村さん、今の段階で増税だの減税だの、脱増税だのは止めましょう。どういう社会システムを提供するのか、ここを固めるべきでしょう。そのための応分の負担は国民に求めなければなりません」と訴えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中