厚労省、「縁故採用」宣言で岩波書店調査へ

印刷

   小宮山洋子厚生労働相は2012年2月3日の閣議後会見で、岩波書店が採用の条件について「岩波書店著者の紹介状あるいは岩波書店社員の紹介があること」とウェブサイトに明記し、縁故採用を事実上宣言したことについて、「早急に事実関係を把握したい」と述べ、調査に乗り出す考えを明らかにした、近く、東京労働局が同社から事情を聞く見通し。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中