2021年 6月 14日 (月)

人気犬ジッペイ声帯手術に批判 提供元「出演目的の切除でない」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   日テレ系朝の情報番組「ZIP!」の人気犬2匹が、吠え声がうるさくないよう声帯手術を受けていたことが分かり、批判も相次いでいる。提供元の動物プロでは、テレビ出演目的の手術ではないと説明するが…。

   ZIP!の番組では、「ZIPPEI(ジッペイ)」という白い毛並みの兄弟犬が毎朝出てくる。3歳になるシベリア原産サモエド犬だ。

「近所の苦情などから手術した」

出演には疑問の声も
出演には疑問の声も

   2011年5月から始まった「スマイルキャラバン」コーナーで、2匹は交代で男性シンガーソングライターと全国を旅する。地元の人々と触れ合う2匹の様子がお茶の間で人気を集めている。

   ところが、ネット上などで同時に、「全力で吠えてもかすれ声しか出ないね」などと違和感を指摘する声が相次いでいた。そして、週刊誌や新聞の報道で、2匹が実際に声帯手術を受けていたことが明らかになった。

   これに対し、ネット上では、愛犬家らから「ひどい」「かわいそう」といった批判も相次いでいる。

   ZIPPEIを提供した「ZOO動物プロ」の責任者は、取材に対し、次のように説明した。

「番組出演をお願いする前から、私どもとは別の飼い主が2匹に手術をしていました。病気ではありませんでしたが、大型犬で吠え声が大きいので、近所から苦情などがありました。そのままでは飼えなくなり、保健所に出して安楽死させるよりいいと考えたからだと聞いています。ですから、テレビ出演のために手術したわけではありません」

   日テレから手術が起用条件にされたことはなく、たまたまだとした。兄弟犬の希望があり、キャラクターやビジュアルも検討して選ばれたという。

   責任者はまた、「声帯部分切除」という手術をしたが、左右の声帯に切り込みを入れただけで、声帯そのものは切っていないとした。そして、確かに、声は響かないものの、吠えることはできるので、ストレスはないと強調した。日テレ側には、犬に負担がかかっていないことを説明したとしている。

   とはいえ、手術でなく、吠えないようしつけることはできなかったのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中