田中防衛相の秘書官交代が話題 妻の真紀子氏にも先例が

印刷

   田中直紀防衛相が2012年2月6日、自らの意向で萬浪学秘書官を交代させたことが分かり、話題になっている。妻の真紀子氏も外相時代に次々と秘書官を交代させたことがある。

   理由について、体調不良による疲れを挙げ、経験がある人として、後任に北沢俊美元防衛相の秘書官を務めた吉田孝弘官房企画官を起用した。秘書官が国会開会中に交代し、前任者が復帰するのは異例だという。

   田中氏は、PKO派遣の自衛隊を警護する国について「決まっていない」と誤って答弁したり、審議中に離席して議員食堂にいたりしたことがあった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中