2018年 7月 20日 (金)

猫ひろし好記録マークも「代表選考は検討必要」

印刷

   お笑い芸人の猫ひろしさんが2012年2月5日開催の「別府大分毎日マラソン」で2時間30分26秒の好記録でゴールした件で、カンボジア・オリンピック委員会のワット・チョムラーン事務局長は「自己ベストを更新したのは良いニュースだ」としながらも五輪代表には2時間25分程度の記録を期待していると話した。共同通信が報じている。

   北京五輪に出場したヘム・ブンティン選手の昨季最高タイム2時間31分58秒を上回っているが、猫さんの記録と「大きな違いはない」とし、ロンドン五輪の代表選考は今後も検討が必要と見ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中