ANA機が尻もち事故 圧力隔壁のフレームが損傷

印刷

   2012年2月5日午前5時頃、伊丹発仙台行きの全日空731便(エアバスA320型機)が仙台空港で着陸をやり直すために再上昇しようとした際、尻もちをつく形で機体後部が滑走路に接触した。乗員乗客166人にけがはなかったが、後部にある圧力隔壁のフレームが損傷した。運輸安全委員会は調査官を仙台空港に派遣し、乗組員から事情聴取を進めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中