2018年 7月 18日 (水)

小宮山厚労相、石原氏の「エイリアン」発言批判

印刷

   小宮山洋子厚生労働相は2012年2月7日の会見で、自民党の石原伸晃幹事長が腹部に開けた穴から位に流動食などを送る「胃ろう」について「エイリアンみたい」などと発言したことに関して、「病気の方、ご家族に不快な思いをさせる言葉の使い方は慎重であってほしい」と批判した。

   石原幹事長は6日、BS番組で、胃ろう措置を見学した際の感想として「寄生したエイリアンが人間を食べて生きているみたい」などと発言していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中