ソニー、「認証型コンセント」を開発 「盗電防止」にも期待

印刷

   ソニーは2012年2月14日、利用者を判別して電力を管理することができる「認証型コンセント」を開発したと発表した。

   電子マネーに使われる暗号通信技術を応用したもので、ICチップのついたプラグを読み取り機能のあるコンセントに接続すると、利用者や電気機器を判別して電力を供給する。ビルの共用部分にあるコンセントの「盗電」を防げるほか、課金システムができれば、駅や飲食店などで、利用者がお金を払って電力を使う、という仕組みも実現できるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中