2018年 7月 21日 (土)

ソニー、「認証型コンセント」を開発 「盗電防止」にも期待

印刷

   ソニーは2012年2月14日、利用者を判別して電力を管理することができる「認証型コンセント」を開発したと発表した。

   電子マネーに使われる暗号通信技術を応用したもので、ICチップのついたプラグを読み取り機能のあるコンセントに接続すると、利用者や電気機器を判別して電力を供給する。ビルの共用部分にあるコンセントの「盗電」を防げるほか、課金システムができれば、駅や飲食店などで、利用者がお金を払って電力を使う、という仕組みも実現できるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中