2019年 9月 23日 (月)

完全にマインドコントロールされたオセロ中島 「占い師」に脳のプログラム書き換えられた?

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   お笑いコンビ「オセロ」の中島知子さん(40)が、同居中の占い師にマインドコントロールされている凄まじい実態が徐々に分かってきた。しかも、その原因を突き詰めていかないと再起は難しいというのだ。

   体調不良で長期休養中の中島知子さんについて、週刊誌やスポーツ紙などでその異常な生活ぶりが次々に伝えられている。

「警視総監と話」など支離滅裂と報じられる

   虚ろな目で寝たまま天井を見つめていた…。この光景は、心配して訪れた友人らが目撃したそうだ。

   報道によると、奇妙な共同生活を送っている40代の占い師女性とは、2005年ごろに行きつけの飲食店で知り合い、仕事や私生活の悩みを相談するうちに親しくなった。09年4月ごろから東京都渋谷区の自宅マンションで同居するようになり、7月ごろには激太りした異変ぶりが報じられるようになった。

   そして、11年4月から休養に入ったが、12年に入ると、週刊誌報道で、自宅と個人事務所の家賃を約660万円も滞納していることが明るみに。不動産管理会社から次々に訴訟を起こされ、うち個人事務所の裁判では、中島さん側が出廷しなかったため、そのままでは4月にも強制退去させられるとみられている。

   滞納についての中島さんの弁明も、かなり奇妙だ。

   当初は、引っ越し業者の勘違いを主張したが、その後、自宅が盗難被害に遭い、警察から引っ越してはならないと指示されたというのだ。「盗難被害について警視総監と話をしている」と支離滅裂なことも言っていたという。

   中島さんが異常な言動をするようになったのは、占い師にマインドコントロールされているかららしい。

   2月15日放送の日テレ系「スッキリ!!」で、こうした問題に詳しいジャーナリストの有田芳生さんが、そのカラクリを明らかにした。

   それによると、中島さんは、食べるものから仕事の仕方まで占い師から指示を仰ぐようになって、その指示なくしては何もできなくなった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中