2019年 8月 21日 (水)

「牛丼に胃液」「肉鍋にゲロ吐いた」 アルバイト店員の虚言にチェーン店が謝罪

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   牛丼チェーン「すき家」のアルバイト男性が、「肉鍋にゲロ吐いてきます」「牛丼に私の胃液が入っているかも」と「ツイッター」で呟いているなどとしてネットが騒然となった。さらに、この後、この男性はノロウィルスだと診断された、と報告したため、「シャレにならない」とネットで悲鳴が上がった。

   これを書いた男性の「ツイッター」やSNS「ミクシィ」には批判が殺到し「炎上」状態に。騒ぎが大きくなると男性は「ツイッター」のアカウントを消去し、書いた内容は嘘だった、と謝罪したが、「すき家」を運営するゼンショーがホームページ上で謝罪するなどドタバタが続いた。

「病院でノロウイルス的な類と診断されました」

   男性は2012年2月11日に「ツイッター」で

「頭痛と吐き気がやばくて動けないんだけど疑われて無理やりシフト入れと言われたので肉鍋にゲロ吐いてきます」

とつぶやいた。さらに

「お客様の食べている牛丼は私の胃液が入っているかもしれませんね」

と実行したと思わせる書き込みをした。これで終わったわけではなく約4時間半後に

「病院行ったら胃腸風邪とかノロウイルス的な類と診断されました」

と報告した。

   この呟きが発見され大騒ぎになったのは12年2月16日から17日にかけて。「ツイッター」の文の終わりには、何の話題かを告知するハッシュタグ「#sukiya」を付けていたため、牛丼チェーン「すき家」に間違いない、となった。ネットではこの人物は誰なのか、働いている「すき家」店舗はどこなのか、の特定が進められ、愛知県の大学の2回生らしい、という報告がされた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中