2019年 8月 20日 (火)

ツイッターは何でも知っている 公園サメ投棄の「犯人」が暴かれる

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京・渋谷区の代々木公園で見つかったサメの死がいは、約1キロ離れた回転寿司店前に展示されたものであった可能性が高いことが分かった。そして、それまでの経緯は、なんとツイッターで次々に実況されていた。

「通報では事態がのみこめず、実物を見てさらに驚いた」

「渋谷の寿司店展示のサメと同じでは」

こんな写真が多数投稿されていた
こんな写真が多数投稿されていた

   警視庁代々木署がこう説明したと報じられるほど、耳目をひく「公園でサメ」のニュースだった。

   報道によると、代々木公園を巡回中の警備員が2012年2月19日朝、駐輪場でブルーシートに覆われたサメを見つけ、110番通報した。体長は1・5メートルあり、腹部を切られて内臓が取り出された状態だった。前日夜からの間に置かれたとみられ、代々木署が遺失物として保管するとともに、廃棄物処理法違反(不法投棄)の疑いもあるとみて調べている。

   このニュースが流れると、ツイッターでは、渋谷・道玄坂の寿司店の店頭で14日に展示されていたものと同じではないかとの声が上がった。

   人通りが多いだけに注目を集め、サメの様子が当時次々にツイートされていたからだ。

   店頭では、「サメ展示なう」などの表示で紹介されており、ツイッターでは、「渋谷にサメがいるぞー!!」などとして写真が多数アップされた。表示には、体重は100キロあると書かれ、「石川県の毛鹿ザメ」とされていた。

   その後、15日朝になって、渋谷で台車にサメを乗せて押す不思議な外国人男性の姿がツイッターで次々に報告された。投稿写真によると、外国人は胸回りに蛍光ラインの入ったジャンバー様のものを着ており、「この画像シュール過ぎでしょ(笑)」などと指摘されていた。どこに持って行くか聞くと、「持って帰る」と答えたという。

   さらに、関係者とみられるツイートで、前出の寿司店がこの外国人に無償で譲り渡したのだと暴露された。責任者不在の中で、現場の判断でそうしてしまったというのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中