代々木公園のサメ死骸、置いた男性判明

印刷

   東京渋谷区の代々木公園内で2012年2月19日、体長1.5メートルのサメの死骸が見つかった問題で、サメを放置したのは25歳の男性とわかった。男性は写真撮影が趣味で、公園近くの回転すし店で譲ってもらったサメを18日に公園で撮影し、翌日回収するつもりだったという。会社員に不法投棄の意思はなかったと判断し、立件は見送られる見通しだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中