2018年 7月 22日 (日)

金利1%上昇で、大手銀行3兆5000億円の損失

印刷

   長期金利が上昇した場合の金融機関への影響について日本銀行が試算したところ、「全期間、一律1%上昇した場合」の保有債券の下落による損失は、大手銀行で3兆5000億円にのぼることがわかった。白川方明総裁が2012年2月23日の衆院予算委員会で明らかにした。

   地域金融機関でも2兆8000億円の評価損が生じる。試算は、日銀が昨年9月末時点での金融機関の業績をもとに算出した。

   民主党の津村啓介氏の質問に答えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中