2019年 7月 20日 (土)

中島知子と占い師、幻冬舎社長にも「たかり行為」 「ミュージカルやりたい。援助して欲しい」

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   家賃滞納問題などに揺れているオセロ、中島知子さんと、その同居人とされる女性占い師に関する新たな証言が出た。大手出版社、幻冬舎の社長が1年半前に2人と食事し、「援助」をお願いされたというのだ。

   2012年2月28日放送の情報番組「モーニングバード」(テレビ朝日)で、コメンテーターの雑誌「GOETHE」(幻冬舎)編集長、舘野晴彦氏が明かした。

「とても占い師とか霊感があるようには見えない」

   3~4年前、幻冬舎の見城徹社長に、中島さんから「本を作りたい」という連絡があり、インタビュー取材を行った。その後、インタビューの内容をまとめて、冒頭の第1章の部分ができあがり、本人に見せたところ、「これはもう自分じゃない」と言われてしまった。どうしようもないのでボツ企画になったという。

   その後、今から1年半前に、見城社長に再び中島さんから何事もなかったかのように、電話がかかってきた。「見城さん、ご馳走してください。友達連れて行っていいですか?」という内容で、実際に食事をしたら、そこに「自称占い師」がやってきのだそうだ。

   舘野氏が見城社長に聞いたところによると、「およそ目立たない。ちょっと太っている、ぱっとしない感じ。とても占い師とか霊感があるようには見えない」女性だったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中