2018年 11月 16日 (金)

「iPad3」発表は3月7日か 「LTE対応か」と憶測飛ぶ

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   米アップルのタブレット型端末「iPad」の新モデル発表が、現実味を帯びてきた。米国時間2012年3月7日にアップルはメディア向けのイベントを開催し、そこで新型iPadをお披露目するのでは、とささやかれている。

   新型機の「進化」については、これまでに多くの「うわさ」が流れているが、現行モデルとの大きな違いとして、次世代高速通信「LTE」に対応すると言われている。日本での発売時にはどうなるのか。

ソフトバンクは「LTEの一種」で商用化

新型モデルはどんな機能が搭載されるのか(写真は初代機)
新型モデルはどんな機能が搭載されるのか(写真は初代機)

   米ウォールストリートジャーナル電子版(WSJ)は2月29日付の記事で、アップルから届いたメディアイベントの招待状を掲載した。イベント開催は3月7日。そこにはiPadとみられるタッチ式ディスプレーに触れる指先の画像とともに、「われわれには、どうしても見て、触れていただきたいものがあります」との言葉が添えられていた。具体的に何を指すのかは書かれていないが、WSJをはじめ主要メディアは「新型iPadの発表会」と予想している。

   現行の「iPad2」が発表されたのが1年前の2011年3月。タイミングとしても「そろそろ」と見る向きが多く、最近では新機能をめぐっての話題が絶えない。中でも注目されるのが、高速通信の規格「LTE」に対応するのではないかという点だ。

   米国で「第4世代(4G)」に位置づけられるLTEは、米国の携帯電話会社ではAT&Tとベライゾンの2社が採用しているが、いずれも「アイフォーン(iPhone)」の販売を手掛けている。WSJの2月14日付の記事では、この2社はLTEのネットワーク構築に多額の投資をしており、新型iPadを投入すれば既存の契約者に対して、以前よりも高額な料金体系で高速な接続が可能になるLTEへの「乗り換え」を促進できるだろうとしている。

   しかし、これが日本になると少々事情が異なる。現在iPadは、ソフトバンクモバイル(SBM)が独占的に販売している。一方、LTE対応のスマートフォンやタブレット型端末を出しているのは、NTTドコモだ。仮に新型の「iPad3」がLTEに対応するとなれば、国内ではどうなるのか。

   SBMは2月20日、「ソフトバンク4G」という高速通信サービスを開始したが、実はこの通信規格はLTEの一種である「TD-LTE」だ。海外では中国移動通信(チャイナモバイル)が中心となって普及に動いている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中