2020年 7月 9日 (木)

覚せい剤使用の暴走車に発砲は当然だ 警官無罪判決、ネットでは支持多数

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   暴走車に発砲して1人が死亡したことを巡り、奈良県警の2警察官に1審で無罪判決が出たことに対し、遺族からは怒りの声が上がっている。しかし、ネット上では、発砲は仕方なかったなどと、判決を支持する声が多数を占めているようだ。

「この裁判はめちゃくちゃだ」「もし警官の家族が乗っていても撃つのか」

   時事通信の記事によると、2003年9月10日夜に当時28歳の男性が発砲で死亡したことを振り返り、母親(74)は会見でこう訴えたという。

「この場合車の方がよっぽど凶器だろ」

   この夜は、奈良県内の国道で、男性が助手席に乗った車が車上荒らしなどの疑いで指名手配を受けて逃走中で、車はパトカーや一般車にぶつかりながら暴走を続け、警察官3人が計8発を撃った。うち2人が撃った計2発が窃盗共犯でもあった男性の首と頭に当たり、1か月ほど後に死亡した。運転席の男性も頭に1発が当たって、大けがをした。この男性は、覚せい剤を使用していたことが分かっている。

   奈良地検は、現場にいた警察官4人を06年1月に不起訴処分にした。しかし、遺族からの請求を受けて、奈良地裁が10年4月に2人について殺人と特別公務員暴行陵虐致死の罪で異例の付審判決定をしていた。

   審理は、裁判員裁判で行われ、検察官役の指定弁護士は、未必の殺意があり、正当な行為とは言えないなどとして、12年2月20日の公判で警察官2人に懲役6年を求刑した。これに対し、奈良地裁は28日、発砲に違法性はなく、殺意もなかったなどとして無罪判決を言い渡した。

   指定弁護士は控訴する方針というが、ネット上では、判決を支持する声が多数上がっている。「この場合車の方がよっぽど凶器だろ」「そりゃ車で突っ込んできたら撃つんじゃね?」「これが有罪なら日本は終わる」などと書き込まれ、遺族が裁判を批判したことに反発の声が相次いだ。そもそも奈良地裁が付審判決定したこと自体にも、疑問の声が上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中