2021年 4月 13日 (火)

高嶋政伸夫妻のケンカ音声が流出? どんな思惑があるのかと話題に

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   離婚裁判中の俳優の高嶋政伸さん(45)が妻のモデル美元(みをん)さん(32)と激しくケンカする様子ともみられる音声がユーチューブにアップされ、波紋が広がっている。真偽は不明だが、投稿者には一体どんな思惑があったのか。

   女性セブンの2011年9月29日・10月6日合併号では、美元さん側が裁判所にドメスティック・バイオレンス(DV)の証拠として提出したという音声データの内容が紹介された。

男女とも痛いと何度も声を上げ

投稿された音声が波紋
投稿された音声が波紋

   ユーチューブに12年3月5日、「honto1818」のハンドルネームで投稿された音声は、一部がその内容とほぼ合致するものだった。

   すでに削除されてしまっているものの、もともとの音声は、「弟 ビゲン 離婚 裁判 DV 生 音声」と題し、約5分間あった。政伸さんに似た男性の声で、「バカ女が、死んじまえ、てめぇなんか」との罵声で始まる。

   男性は酒に酔ってろれつが回らない様子で、お互いに言い合いをした後、男性が大声で「おい、ぶつな!」。続いて、女性が「女に手を挙げる男がいるかよ!」と絶叫する。音声では、実際に叩いたり殴ったりしたような音が聞こえ、男女とも痛いと何度も声を上げている様子が分かる壮絶なシーンになっている。

   音声では、男性は、「あさって芝居やらなきゃいかねえんだよ」「俳優なんだぞ」「何百万人が見ていると思ってるんだ、この野郎、オレの番組を」と叫んでいた。また、「あーちゃん」「みーちゃん」とお互いにニックネームを呼び合っていた。

   ケンカの発端は、金銭的な問題らしい。女性が、生活費を1年間はもらえず自分の貯金を使ってきたと不満を述べたのに対し、男性は、女性がお金を出さないからだと反論し、何度も言っているように結婚生活を続けたくないと訴えていた。

   こうした内容は、一連の離婚報道と合致する部分も多い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中