大阪市交通局労組、職場で平松氏支持呼びかけるビラ

印刷

   2011年11月の大阪市長選で、市交通局の労組「大阪交通労働組合」(大交)の役員が平松邦夫市長(当時)への投票を呼びかけるビラを作成し、職場で配布していたことが12年3月8日の市議会常任委員会で明らかになった。内部告発を受けた大阪維新の会所属議員が指摘した。ビラは、市長選が告示された後の11月15日付けで、

   「知人や友人の方に『平松邦夫』への投票を依頼していただけるよう切にお願いいたします」などと呼びかけている。交通局は内部調査を行い、関係者を処分する方針。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中