2018年 7月 22日 (日)

小沢元代表に禁錮3年求刑 陸山会事件

印刷

   資金管理団体「陸山会」の土地取引をめぐり、政治資金規正法違反(虚偽記載)の罪で強制起訴された民主党元代表、小沢一郎被告(69)の論告求刑公判が2012年3月9日、東京地裁(大善文男裁判長)で開かれた。検察官役の指定弁護士は「反省は全くない」などとして禁錮3年を求刑した。

   公判では、実際にはなかった元秘書とのやりとりを検事が捜査報告書に書いていたことが分かったことなどから、弁護側は、検察審査会による強制起訴の議決は無効だと公訴棄却を求めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中