2018年 7月 20日 (金)

野田首相「深く反省したい」 台湾代表、追悼式で献花できず

印刷

   野田佳彦首相は2012年3月12日、衆院予算委員会で、11日の政府主催の東日本大震災追悼式での台湾代表への対応について「温かい支援を頂いた台湾の皆さんの気持ちを傷つけることがあったら申し訳ない。行き届いていなかったことを深く反省したい」と陳謝した。

   台湾代表は各国大使とは別の「その他の参列者」として扱われ、献花の機会がなかった。自民党の世耕弘成参院議員への答弁。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中