2019年 12月 7日 (土)

今井メロ、6年越しの告白 あのラップは「大人」にやらされていた

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   元女子スノーボード・ハーフパイプ選手の今井メロさん(24)がテレビ番組で驚きの告白をした。メロさんと言えば、五輪壮行会で見せた「メロラップ」が有名だが、あれは自作ではなく、周囲の「大人」に言われてやらされていたというのだ。

   メロさんは2006年のトリノ五輪に日本代表として出場し惨敗。その後、表舞台から姿を消し、現在は二児の母となっている。最近は、自分がプロデュースするファッションブランドを立ち上げるなど、新しい分野の活動に積極的になっていて、12年3月18日には情報番組「サンデージャポン」(TBS系)に出演した。

「ガンガンズンズングイグイ上昇」は自分が考えたものではない

メロさんのブログ。最近は1日に200万ものアクセスがあるという。
メロさんのブログ。最近は1日に200万ものアクセスがあるという。

   タレント、小森純さんにインタビューされ、五輪出場時に過度の緊張で大変だったことなどを激白。バッシングに遭い帰国後は一時引きこもり状態となった。リストカットを繰り返していたといい、現在も残る傷跡が痛々しい。

   メロさんと言えば、トリノ五輪の壮行会で披露した「メロラップ」だ。「1、2、3、4 ガンガンズンズングイグイ上昇」「夢に描いたショータイム デカイ理想は夢じゃない」というオリジナルのラップで、当時大きな話題になった。これについて「自分で作ったものですか?」と聞かれ、「いや、違います」と即答。

   「自分でチョイスした曲ではもちろんないし、作られたもの」「あそこでいきなり(ラップを)やりだしたら頭おかしいでしょ」と語る。「大人に言われたってこと?」と聞かれて「そうです」と答えた。メディア露出を狙う大人の思惑があった、ということなのだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中