2020年 10月 31日 (土)

段ボール製の家具が人気 安くて「環境にやさしい」

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

   「段ボール家具」が注目されている。子どもの工作などではなく、実際に家庭の中で日常的に使うことができる本格的な家具だ。

   10年ほど前からインターネットなどで販売され始め、じわじわ人気が出ている。さらに東日本大震災を機に、一段と関心が高まっているという。

「軽くて丈夫、処分しやすい」

   段ボール家具を精力的に取り入れているのが、東京都港区の環境学習施設・区立エコプラザだ。正面入り口で来館者を迎えるカウンターテーブルは、スギ材の天板を、幾重にも貼り重ねられた段ボールが支える。他にも段ボールの椅子や棚などが館内のあちこちにある。

   ノーベル平和賞受賞者で、資源を再利用して循環型社会をめざす「MOTTAINAI運動」の提唱者、ワンガリ・マータイさん(昨年9月死去)も訪れたことがある。

   段ボール椅子をいたく気に入り、「ケニアの実家に持って帰りたい!」と熱烈にリクエスト。後日、エコプラザ特製段ボール椅子を送ったというエピソードもある。

   なぜそんなに人気なのか。「安価なうえに、軽くて、丈夫。しかも処分しやすい」(販売関係者)。

   段ボールといっても、輸送用ケースなどに使われる「強化段ボール」で作られているので、木材と同じぐらい頑丈。それでいて、木材製の家具のように釘や金具などを打ち付けていないので扱いやすい。あくまで段ボールなのでリサイクルも可能だ。「環境にやさしいという要素も人気に拍車をかけている」と関係者は強調する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中