2019年 8月 18日 (日)

「iPad共有」が原因で離婚も? 危ない写真「丸見え」にご用心

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   新機種も好調な売り上げを記録するなど依然話題のiPadだが、思わぬ「被害報告」がネット上で相次いでいる。こっそり撮影した恥ずかしい写真が、家族の一部など、見せたくない人に丸見えになってしまった、というのだ。

   彼氏とのイチャイチャ写真や、キャバクラでの豪遊写真……これが原因で離婚した、なんて人もあるというから穏やかではない。原因は、iPadやiPhoneに搭載された新機能「iCloud(アイクラウド)」だ。

撮った写真が即座に共有

   iCloudはアップルが2011年10月からスタートしたクラウドサービスで、写真や購入した音楽・アプリのほか、ブラウザのお気に入り、連絡先などを自動的に、iPhoneやiPad、パソコン、AppleTVなど複数の機器で共有できる。この機能を使えば、たとえば出先でiPadやiPhoneを使って撮影した写真を、転送などの操作を行うことなく、すぐに自宅のパソコンや、テレビの画面上で観ることができる。

   「すべてが自動で、手間がかからず、シームレス。すべてが思いのままです」と公式サイトでうたうように、この「自動的」というのがiCloudのセールスポイントなのだが、それがトラブルの原因にもなっているというのだ。

   2ちゃんねるには2012年3月18日、娘にiPadを貸したという親の体験談が投稿された。

   投稿者はiPadと自分のパソコンをiCloud機能で連携させており、iPadで撮影された写真は自動的に自宅のパソコンでも見られる状態になっていた。そうとは知らない娘は、彼氏といちゃつく写真、しまいには「チューのツーショット」までiPadで撮影するが、その様子は全て親に筒抜けに――というものだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中