2019年 8月 26日 (月)

2ちゃん管理会社は海外の「ペーパー」報道 登記簿住所には「別会社」が入居していた

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   インターネット掲示板「2ちゃんねる」の管理会社とされるシンガポール企業が実態のない「ペーパーカンパニー」だったと、読売新聞が現地取材を基に報じた。

   登記簿上の住所で営業していたのは別の会社だ。シンガポールでの会社登録や税務処理、事務を代行するサービスで、建物の看板もこの会社のものが掲げられている。

ドメイン情報に記載の人物は「元CEO」か

「本当の管理者」はいったい誰
「本当の管理者」はいったい誰

   現在「2ちゃんねる」の管理会社として登録されているのは、シンガポールにある「パケットモンスター」という会社だ。元管理人の西村博之氏が2009年1月2日のブログで「譲渡完了しました」とつづり、2ちゃんねるにも基本情報としてその旨記載されている。

   ただ、公開されているドメイン情報を確認すると、やや不可解な点も見られる。例えば登録者の住所を見ると、なぜか番地が書かれていない。連絡先の欄には電話番号と見られる数字の羅列があるが、シンガポールの企業のはずなのに、米国やカナダの国番号を示す「+1」が最初にきていて不自然さを覚える。

   読売新聞2012年3月27日付の記事には、記者が「パケットモンスター」の登記簿上の本社の場所を突き止め、実際に訪ねた様子が書かれている。そこで見つけたのは、会社の連絡代行サービスを行う「リクビン」という企業で、受付の女性は「パケット社の事務所はここだが、社員はひとりもいない」と答えたとしている。さらにパケット社の唯一の「取締役」にも取材をかけると、「頼まれて役員になっただけ」と告白、2ちゃんねるの掲示板の存在も知らないと話したという。

   パケット社とリクビン社を結ぶキーワードが、パケット社のドメイン情報に記載されていた。「RAGINI DHANVANTRAY」という人名で、リクビン社の最高経営責任者(CEO)を務めていた人物と同姓同名だ。ただしリクビン社のウェブサイトに現在記載されている役員名を見ると、この名前は見当たらない。既に退社している可能性もある。

   実はDHANVANTRAY氏は2010年3月、シンガポールの会社法違反で総額2万1000シンガポールドル(約138万円)の支払いを命じられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中