経団連会長 大飯原発の再稼働「着々と進めてほしい」

印刷

   日本経済団体連合会の米倉弘昌会長は、2012年3月26日に東京電力のすべての原子力発電所が停止したことに関連して、「(国内原発がすべて止まれば)電力不足が深刻になってくる」と指摘。政府が目指す関西電力大飯原発の再稼働について、「段取りもされている。ぜひとも着々と進めてほしい」と要望した。同日の記者会見で述べた。

   また、節電が「産業界に対して大きな負担をかけているとちゃんと自覚すべきだ」と話し、「政府としてどういう手を打つのか、ちゃんとした方針を出してほしい」と、注文をつけた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中